子宝,ヘッダーバー

多嚢胞性卵巣症候群と漢方

多膿疱性卵巣タイトル
子宝,ライン

東西薬局 > 不妊症 > 
多嚢胞性卵巣症候群(PCOS,PCO)と漢方

白ロゴ多嚢胞性卵巣症候群(PCOS,PCO)

◆ 多嚢胞性卵巣症候群
(polycystic ovary syndrome)とは

通常では、1周期につき1つの卵細胞が成熟して排卵されます。卵細胞は卵胞という袋に包まれていて、卵細胞の成長と共に成長していき、ある程度の大きさになると破裂して、排卵となります。多嚢胞性卵巣症候群では、卵巣内に卵胞が複数できてしまい、ある程度の大きさまで成長するのですが、卵巣の壁についてしまい卵胞の膜が厚くなるため、排卵しにくくなります。

白ロゴ多嚢胞性卵巣症候群の原因

◆ 原因はホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの異常が原因と言われています。
LH(黄体化ホルモン)とFSH(卵胞刺激ホルモン)が卵巣に働き、1つの卵胞が成長していきますが、多嚢胞性卵巣症候群では、LHの分泌量が多く、FSHとのバランスか崩れることで、メインで成長する卵胞以外の卵胞も成長してしまい、メインの卵胞の成長が遅れ、排卵が遅れます。排卵がおこらないと、LHの分泌量がさらに増えるため、ますます排卵が起こりにくなります。男性ホルモンやインスリンの分泌量が多いと、LHの分泌量が増えると言われています。

白ロゴ多嚢胞性卵巣症候群の症状

◆ 症状は月経周期の乱れ

多嚢胞性卵巣症候群の症状で多いのは、月経周期が長くなる、無月経、多毛や低音声などの男性化、月経過多や月経の出血が止まらない、不正出血などです。卵細胞が成長する卵胞期(低温期)が特に長くなり、周期が35日以上になることが多いです。

白ロゴ漢方(中医学)で考える多嚢胞性卵巣症候群

◆ 血の状態と腎の機能を整える

血漢方においては血流の悪い瘀血(おけつ)ととらえます。また成長に必要である血の不足(血虚:けっきょ)とも考えられるため、当帰と呼ばれる血を補い血流も良くする生薬が配合された漢方薬を用います。漢方薬の一例としては、婦宝当帰膠Bや当帰芍薬散などです。

腎また成長・発育に関わるため腎と言われる臓腑の力不足ともとらえます。特に卵胞期の時期は陰陽の陰の時期であるため、腎陰不足と考えられます。腎陰を補う漢方薬で、杞菊地黄丸などの六味地黄丸製剤や瓊玉膏などが用いられます。

使われる漢方薬

多膿疱性卵巣の漢方

◆ 血の状態を整える漢方

婦宝当帰膠B(ふほうとうきこう)
婦宝当帰膠B
効能・効果
頭痛、肩こり、のぼせ、めまい、耳鳴り、貧血、腰痛、腹痛、冷え性、生理不順、生理痛
※ 婦宝当帰膠は、気血の流れも整えます
当芍散(とうしゃくさん)
当芍散
効能・効果
比較的体力に乏しく,冷え症又は貧血性傾向があるもの:月経不順,月経異常,月経痛,更年期神経症,産前産後あるいは流産による障害時(貧血,疲労倦怠,めまい,耳鳴り,ヒステリー,浮腫,回復促進など),月経時浮腫,つわり,帯下,各種婦人科系疾患の補助療法,脚気,腺病体質,冷え症,腰痛,坐骨神経痛

◆ 腎を強化する漢方

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
参茸補血丸
効能・効果
虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症
瓊玉膏(けいぎょくこう)
瓊玉膏
効能・効果
食欲不振、肉体疲労、虚弱体質、病後の体力低下、胃腸虚弱、血色不良、冷え性、発育期
子宝,フッターバー