メニエール病と漢方
 -そのメカニズムと対策-

めまい

東西薬局 > メニエール病

白ロゴメニエール病ってどんな病気?

◎メニエール病の原因と症状

ふらつきやメニエール病は、内耳にあり、体の平衡をコントロールする三半規管に、過剰な水分が溜まり、そのために体がふらつく、回転性のめまいや耳鳴りがし、視界が揺れてみえたりする、一連の症状がおこる病気です。

白ロゴメニエール病を漢方で考える

メニエール病を中国医学(中国の伝統医学)で改善するには、体内の水分のめぐりをよくするために腎臓の働きを強め、尿の出をよくする“補腎利水(ほじんりすい)”の方法を用いて、症状改善、体質の改善を行います。

◎腎を強化する

腎内耳にある三半規管は、人類の進化の過程の中で、もともとは人類の祖先が魚類の時代に合った平衡器官である側線(魚の体の両側にある筋状の器官)を、金魚鉢の中に組み込んだような構造をしており、その金魚鉢の水が過剰に溜まることによって、めまいや耳鳴りが起っているものと考えられています。
そこで、中国医学では、体の水分をコントロールする動きの中枢である、五臓のうちの一つである『腎(じん)』の強化を行います。

◎漢方薬は?

主に用いる処方は、『苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)』ですが、長期に及ぶ人の場合には、さらにその人に合った『補腎薬(ほじんやく)』類(杞菊地黄丸、耳鳴丸、八味地黄丸など)を加えます。

日常においては、塩分や甘味のとり過ぎを控え、めまいやふらつき、難聴、耳鳴り等の症状が緩和して来たら、生活の中に散歩などの運動を取り入れて、体力の強化をはかりましょう。

メニエール病に使われる漢方薬

漢方薬一例

◆ 主に用いる苓桂朮甘湯

苓桂朮甘湯
(りょうけいじゅつかんとう)
苓桂朮甘湯

めまい、身体動揺感および心悸亢進のあるものに用いる漢方薬です。

効能・効果

めまい、身体動揺感及び心悸高進のあるものに用いる。ヒステリー、めまい、不眠症、更年期障害、胃下垂

用法用量

1日3回 1回 大人4~6錠 7~13歳2~3錠
食前1時間又は空腹時に服用する。

価格

350錠 \3,500-(税別)

◆ 腎を強化する漢方『補腎薬』一例

中薬 杞菊地黄丸
(ちゅうやくこぎくじおうがん)
中薬 杞菊地黄丸

中薬杞菊地黄丸は、「口が渇いて疲れやすい」、「顔と手足だけがほてる」、「尿が出にくい」、「頻尿」などの年齢と共に現れる症状のある方の「目の疲れ」や「かすんで見えにくい」といった目の症状の回復を促します。◯生薬粉末を生かしたお薬です。◯お薬の味が広がらない飲みやすい大きさの丸剤です。

効能・効果

疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少又は多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:疲れ目、かすみ目、のぼせ、めまい、頭重、排尿困難、頻尿、むくみ

用法用量

1日3回 1回8丸 食前または食間に服用

価格

360丸 \3,800-(税別)

720丸 \7,000-(税別)

3120丸 \24,000-(税別)

耳鳴丸 (じめいがん)
耳鳴丸

「ジメイ丸」は、中国名では「耳鳴丸」と表記され、その名の示すとおり、特に貧血性の耳鳴りに対する優れた効き目をはじめとし、腰痛、手足のだるさなどの症状を改善します。 「ジメイ丸」は補腎薬ですので、薄く食塩を入れたお湯で服みますと塩分と共に成分が腎臓に運ばれ、一層効果が強められます。本剤の合う人は、身体が虚している人ですので、胃に負担をかけないために、1日2回の服用となっています。

効能・効果

貧血性の耳鳴、腰痛、四肢及び腰の脱力感

用法用量

1日朝夕2回 1回9丸 
白湯又は食塩を入れた温湯にて服用

価格

270丸 \3,800-(税別)

白ロゴご相談・お問い合わせはこちら

吉祥寺東西薬局 吉祥寺東西薬局

180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-7

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細

調布東西薬局

調布東西薬局

182-0024
東京都調布市布田4-2-42

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細
八王子東西薬局 八王子東西薬局
192-0082
東京都八王子市東町1-6橋完 LKビル7階
お問い合わせ
月・火・木~土 午前9:30~午後7:00
定休日 水・日・祝祭日
店舗詳細