PMS,月経前症候群

PMS(月経前症候群)は、周期療法で改善!

女性の体調を整える周期療法は、月経周期の生理的な特徴を基本に中医学理論と西洋医学理論を結合して考案された新しい療法です。
PMS(月経前症候群)も月経周期に合わせて漢方を用いることで、改善されていきます。
ピルなどのホルモン剤や抗うつ薬などに頼らず、自然な漢方の力と西洋・東洋医学の混合理論で体質改善していきましょう。

PMSって何?

PMS(月経前症候群:Premenstrual Syndrome)

月経1~2週間前に起こる様々な体調不良のことで、月経が始まってしまえば、自然に楽になってしまう症状の集まりのことです。

PMSの症状は?

身体的な症状と精神的な症状

月経周期ごと高温期の1~2週間にわたって、生活に支障をきたすような症状があらわれます。
症状には身体的なものと精神的なものが見られます。

●身体的症状
下腹部膨満感、下腹痛、頭痛、乳房痛、乳房が張る、腰痛、関節痛 むくみ、体重増加、脚が重い、 にきび、めまい、食欲亢進、悪心、 ほてり、便秘あるいは下痢、動悸など
●精神的症状
怒りやすい、イライラ、憂鬱、緊張、判断力低下、不決断、無気力、不眠疲れやすい、パニック、妄想、集中力低下、涙もろい、孤独感など

 

上記以外にも様々なものがあり、複数の症状があらわれることもあります。
(症状は人によって様々です。)

PMSとホルモンバランス

PMSの原因は主に性ホルモンのバランスの失調

月経周期とホルモンバランス

PMSの原因は主に性ホルモンのバランスの失調と考えられており、
図の基礎体温表の様に排卵後の高温期にPMSは起こります。
高温期は黄体期ともいい、黄体ホルモンである プロゲステロンが増える時期です。
プロゲステロンには水分を溜めたり、体温を上げる作用があるので、このホルモンのバランスの失調が影響していると考えられています。
ほかに脳内の神経伝達物質であるセロトニンは、月経前になると低下することがわかっています。
そのため精神的な症状が出るのと考えられています。

PMSの西洋医学的治療

主に薬物療法が行われています。

1.ビタミン剤・ミネラル
ビタミンB6・カルシウム・マグネシウム・ビタミンEなど
2.抗不安薬
精神安定剤(デパスなど)
3.抗うつ薬
選択的セロトニン再取り込み阻害薬などで月経前の脳内セロトニンの量を増やすお薬です。
4.経口避妊薬(ピル)
少量の卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチン)を含んだもので、排卵させないホルモン剤です。

漢方(中医学)で考えるPMSと漢方薬

漢方においてPMSは「肝(かん)」の機能失調

漢方で言う肝とは、全身の「気(き)」や「血(けつ)」などの流れのバランスを調節している場所のことです。

肝の機能が低下すると「気滞(きたい)」と呼ばれる気の流れの滞りがおこります。気滞がおこると全身に気が行き渡ら なくなるので、乳房が張る、腹部膨満感等の身体的症状や落ち込む、イライラするいった精神的症状があらわれます。
このような方には、気の流れを良くする「疏肝理気(そかんりき)」の作用のある『逍遥散(しょうようさん)』等を用います。「瘀血(おけつ)」と呼ばれる血の滞りもおこります。瘀血がおこると全身に血が行き渡らなくなり、肩こり、ふらつき等の身体的症状や不眠、緊張等の精神的症状があらわれます。このような方には血液の流れを良くする「活血化瘀(かっけつかお)」の作用のある『冠元顆粒(かんげんかりゅう)』等をもちいます。

また、肝の機能は正常でも「気」や「血」が不足している「気虚(ききょ)」や「血虚(けっきょ)」の状態でも全身に気や血が行き渡らないため 様々な症状がおこります。
このような方には、気を補う『補中益気湯(ほちゅうえっきとう)』の様な「補気薬(ほきやく)」と呼ばれるものや、「血」を補う『婦宝当帰膠B(ふほうとうきこう)』の様な「補血薬(ほけつやく)」をもちいます。

漢方では、「抗不安薬」や「抗うつ薬」のように脳神経に直接働きかけるものや、「経口避妊薬(ピル)」のようにホルモンバランスを強制的に変えるものとは違い、身体に負担をかけることなく全身のバランスを整えていくことができます。

PMSで漢方を服用された方の症例

漢方でPMS(月経前症候群)を乗り越えて妊娠! Yさん(女性 39歳)

私は毎月の生理不順と月経困難症でした。39歳という年齢を考えると子供も欲しいですが、まずは毎月の辛い症状を改善したくて、東西薬局へ行きました。PMS(月経前緊張症候群)があり生理前はいつも頭痛や肩こり、不眠、上半身のぼせ、手足の先が冷えていました。排卵頃には不正出血、体調の崩れなど。普段、仕事のストレスも多く精神的にも消耗していました。生理は30日~50日周期で遅れがちの不順。生理が始まるとダラダラと10日間くらい出血が続き、生理痛もひどく。いつも鎮痛剤を使っていました。漢方相談をしてもらうと、まずは血液を増やし、体の消耗状態を改善することと、腎系(ホルモン系)のアンバランスを改善していきましょうという説明があり、漢方薬を選んでもらいました。2週間ほどたったころ、生理前のいつもの症状が、ずいぶん軽くなっているのに気付きました。その後、生理がきて、生理痛もいつもに比べるとひどくなく、こんなに早く改善するのかという驚きと共に続けてみよう!と思いました。

 

その後、体調が安定し、しばらく同じお薬で様子をみていたところ、2か月半ほど経った頃にYさんからお電話があり「妊娠しました!」とのこと。つわりが始まり外出できないので、と代わりにご主人が来られ「夫婦共に年齢的にも諦めかけていたんですが、ほんとに良かったです、ありがとうございます!」とのご挨拶があり「つわり対策」のお薬をお持ちになりました。妊娠中もYさんのお手紙を持って、ご主人が何度も足を運んで状況を報告して下さり、その後、非常に安産で3120gの元気な男の子を出産されました。現在は、ご家族3人で仲良く来店されています。

PMSに使われる漢方薬

婦宝当帰膠B
(ふほうとうきこう)
婦宝当帰膠B
効能・効果
頭痛、肩こり、のぼせ、めまい、
耳鳴り、貧血、腰痛、腹痛、
冷え性、生理不順、生理痛
参茸補血丸
(さんじょうほけつがん)
参茸補血丸
効能・効果
虚弱体質、肉体疲労、病後の
体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、
血色不良、冷え症
瓊玉膏
(けいぎょくこう)
瓊玉膏
効能・効果
食欲不振、肉体疲労、虚弱体質、
病後の体力低下、胃腸虚弱、
血色不良、冷え性、発育期
冠元顆粒
(かんげんかりゅう)
瓊玉膏
効能・効果
頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸
逍遙丸
(しょうようがん)
逍遙丸
効能・効果
冷え症、虚弱体質、月経不順,
月経困難、更年期障害、血の道症、
不眠症、神経症
補中丸(ほちゅうがん)
補中丸
効能・効果
虚弱体質、貧血症、夏やせ、胃弱、病中・病後の体力回復、痔疾、脱肛、胃腸機能が減退し、疲労倦怠感のあるもの又は頭痛、悪寒、発汗を伴うもの。