子宝,ヘッダーバー

子宮筋腫と漢方

子宮筋腫タイトル
子宝,ライン

東西薬局 > 不妊症 > 子宮筋腫と漢方

白ロゴ子宮筋腫(uterine fibroids)

◆ 子宮筋腫とは

子宮筋腫は良性疾患なので命に別状はありませんが、子宮筋腫にかかる女性は、とても多いと言われています。子宮筋腫による月経痛によって仕事や家事を休むだけにとどまらず、激痛により救急車で運ばれる患者さんもいます。
子宮筋腫によっては貧血がひどくなり、めまいや動悸を引き起こすだけでなく、ほかの臓器に負担をかけ、臓器の機能低下、免疫力の低下もおこる場合もあります。
また、子宮筋腫は不妊の原因になったり、可能性は高くありませんが、ごくまれに悪性腫瘍の一種である「子宮肉腫」が見つかることがあります。良性疾患だからといって子宮筋腫を軽視するのは大変危険です。

白ロゴ子宮筋腫の原因

◆ 原因不明の子宮筋腫

子宮筋腫が発症する原因は明確ではありませんが、女性ホルモン、特にエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響で子宮筋腫が大きくなることは知られています。赤ちゃんや幼稚園児、小学生には子宮筋腫は全く見当たらず、高校生、大学生になると散見されるようになり、30代後半から40代になると急激に増えますが、これはその年代に症状が出たり、ガン検診を受ける人が多く、そのタイミングで見つかることが多いためだと思われます。

白ロゴ子宮筋腫の症状

◆ 主な症状は月経時におこる

子宮筋腫の一般的な症状で多いのは、主に月経痛、月経困難症や過多月経です。不正性器出血が頻繁に起きたりするほか、強い月経痛が起こります。
子宮筋腫が大きくなってくると、周囲を圧迫する症状が出てきます。典型的なのは膀胱圧迫症状で、トイレが非常に近くなります。さらに大きくなると便通異常(便秘)になったり、周囲の臓器を圧迫する症状がでることもあります。
筋腫のできた場所や大きさによっては自覚症状がなく、健康診断で貧血を指摘されて初めて気付くこともあります。

白ロゴ子宮筋腫の種類

子宮筋腫の種類は、子宮のどこに筋腫ができるかによって分類されます。

筋層内子宮筋腫

子宮の筋肉の中にできる筋腫で、筋腫の中ではもっとも多いタイプです。
大きさは様々で、大豆大のものから、握りこぶし大、鶏卵大のものが複数できるのが一般的です。
小さいものだと症状も痛みもほとんどありませんが、じょじょに子宮筋を押しのけ大きくなり、子宮内膜を圧迫し、子宮内くうが変形して子宮の収縮が妨げられ、過多月経や月経困難症を引き起こします。

漿膜下子宮筋腫

子宮の表面膜の下にできる筋腫です。筋腫が子宮から外に向かって成長し、子宮の表層にできるものと、子宮から突出するものがあり ます。きのこのように子宮から突出するようにできる筋腫は、茎で子宮とつながってしまい、ねじれて激痛を生じることもあります。

粘膜下子宮筋腫

子宮内の子宮内膜の下にできる筋腫で、発生頻度は子宮筋腫全体の約1割と少ないのですが、一番症状が重いのがこのタイプです。
筋腫が子宮内部に向かって成長するため、子宮内膜の面積が広がってしまいます。筋腫が小さくても月経量が非常に多くなり、子宮内膜が変形します。これによって受精卵が着床しにくくなり、不妊の原因につながります。
また、子宮の壁と細い茎でつながる「有茎粘膜下筋腫」になることもあります。

白ロゴ漢方(中医学)で考える子宮筋腫

◆ 子宮筋腫は血流が悪い瘀血(おけつ)

漢方において子宮筋腫は痛む・しこる・黒ずむという特徴から「瘀血(おけつ)」と呼ばれる血の滞りと考えられます。
血液の流れを良くする 「活血化瘀(かっけつかお)」の作用のある『桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)』や『冠元顆粒(かんげんかりゅう)』などをもちいます。貧血が出ている方は『婦宝当帰膠B(ふほうとうきこう)』や『芎帰膠艾湯(きゅうききょうがいとう)』などを併用します。

白ロゴ西洋医学での子宮筋腫の治療

子宮筋腫が見つかっても、症状が無い場合は特に治療はせず、定期検診で筋腫が大きくなったかどうか、症状が出てきたかどうか経過観察をします。
治療が必要と判断された場合は薬物療法と手術療法があり、その人の年齢、症状の程度、出産の希望、病巣の範囲などに合わせて治療法が選ばれます。
手術療法には、筋腫のみを取り除く子宮筋腫核出術と、筋腫を子宮ごと取り除く子宮全摘出術があります。薬物療法や子宮筋腫核出術では再発の可能性もありますが、妊娠することは可能です。

使われる漢方薬

子宮筋腫の漢方

◆ 血流を整える漢方

冠元顆粒(かんげんかりゅう)
冠元顆粒
効能・効果
頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸
桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
桂枝茯苓丸
効能・効果
のぼせ症で、血色はよく、下眼ケンが充血し、頭痛、肩こり、めまいなどがあって冷えを伴い、左下腹部に充実した抵抗、圧痛を認めるものの次の諸症:
月経不順による諸種の障害、月経痛、月経困難、帯下、更年期障害、痔疾
芎帰調血飲第一加減
(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
芎帰調血飲第一加減
効能・効果
血の道症、産後の体力低下、月経不順

◆ 気血を補う漢方

婦宝当帰膠B(ふほうとうきこう)
婦宝当帰膠B
効能・効果
頭痛、肩こり、のぼせ、めまい、耳鳴り、貧血、腰痛、腹痛、冷え性、生理不順、生理痛
※ 婦宝当帰膠は、気血の流れも整えます

◆ 止血の働きのある漢方

芎帰膠艾湯(きゅうきょうがいとう)
芎帰膠艾湯
効能・効果
体力中等度以下で、冷え症で、出血傾向があり胃腸障害のないものの次の諸症:
痔出血、貧血、月経異常・月経過多・不正出血、皮下出血
子宝,フッターバー