白血病

癌メイン

東西薬局 > 癌と漢方 > 白血病

白ロゴ血液とは?

血液は、心臓を中心とした循環系、つまり動脈と静脈のネットワークによって全身に送られます。

血液の重要な役割は?

  • ①酸素や栄養を全身の各組織や臓器に供給する。
  • ②細胞内の代謝産物としての二酸化炭素を運び出す。
  • ③体温を全身に伝える。
  • ④老廃物を排泄器官に運ぶ。

白ロゴ白血病とは?

血液中には、「白血球、赤血球、血小板」などの細胞が含まれています。
「白血病」とは、このうちの「白血球」に起こるがんです。
血球は、「造血幹細胞」と呼ばれる細胞が成熟してつくられます。
この造血幹細胞は、私たちの骨の内部にある「骨髓」と呼ばれる部分にあります。
造血幹細胞は、まず「リンパ系細胞」と「骨髓系細胞」に分かれます。
これらの細胞は「芽球」という状態を経て、リンパ系細胞は「リンパ球」に、骨髓系細胞は「赤血球」「血小板」「単球」「顆粒球」などに成熟して、血液中に出ていきます。
これらのうち、リンパ球、単球、顆粒球を「白血球」といいます。
健康な人の血液中には、成熟した白血球しか見られません。
ところが、芽球や造血幹細胞ががん化すると、骨髓や血液中に未成熟な白血球(白血病細胞)が増殖し、正常な白血球がつくられなくなることがあります。
これを「白血病」といいます。

白ロゴ白血病の分類

白血病は、「リンパ性白血病(リンパ系細胞にがん化が認められるもの)」と「骨髄性白血病(骨髓系細胞にがん化が見られるもの)」に分けられます。
また、がん化した白血球が、成熟する過程のどの段階で増えるかによって、「急性白血病(芽球の段階で増える)」と「慢性白血病(成熟する過程の全段階で増える)」の2つに分けられます。
これらの2つの分類の仕方に合わせて、詳しい病名が決まります。
例えば、骨髓系細胞にがんが起こり、芽球の段階で増えれば「急性骨髄性白血病」となります。

白ロゴ症状

<急性白血病>

・感染症

白血球は、私たちの体に、ウイルスや細菌などの異物が進入してきたときに、それらを攻撃し、排除する役目を果たしています。
急性白血病では、正常な白血球が大幅に減少するため、ウイルスや細菌を攻撃する抵抗力が弱まり、発熱が続いたり、肺炎などの感染症にかかりやすくなったりします。

・貧血

赤血球や血小板も骨髓でつくられます。
しかし、骨髄腔は非常に狭いので、白血病細胞が増殖すると、赤血球や血小板がつくられなくなってしまいます。
全身に酸素を運ぶ働きをする赤血球が減少すると、貧血が起こりやすくなります。

・出血

血液を固めて出血を止める働きをする血小板も減少するので、出血しやすくなったり、血が止まりにくくなったりします。

<慢性白血病>

白血病細胞の増殖は緩やかなため、早い段階では自覚症状はほとんどありません。

白ロゴ治療

・化学療法

<急性白血病>

急性白血病の治療は、がん化した白血病細胞を完全に消すことを目標に、抗がん剤を用いた治療が行なわれます。
第1段階では「寛解」という状態を目指します。
寛解とは、血液中の白血病細胞が消え、正常な白血球が増加してくる兆しが見えた状態を指します。
寛解のレベルまで到達したら、第2段階の「地固め療法」として、さらに抗がん剤を用いて骨髄中の白血病細胞を攻撃します。
血液中に白血病細胞がなくなっても、骨髄には残っているので、放置しておくと、再び血液中に白血病細胞が増え始めるからです。

<慢性白血病>

慢性白血病の治療は、抗がん剤を服用し、白血病細胞を直接攻撃して、がんが増殖するのを抑えたり、「インターフェロン」という注射薬で、白血病細胞を減少、または消滅させていきます。

・骨髄移植

白血病を完全に治すには、造血幹細胞を移植する「骨髄移植」が最も有効で、現在、一般的に行われています。
骨髄移植では、まず、患者さんの骨髄の中の造血幹細胞を、抗がん剤によってすべて消します。そこに他人(ドナー)の骨髄からとった健康な造血幹細胞を移植し、患者さんの体内で正常な白血球がつくられるのを待ちます。

癌で使われる漢方薬

癌で使われる漢方薬

◆ 元気を補う漢方

補中丸(ほちゅうがん)
補中丸
効能・効果
虚弱体質、貧血症、夏やせ、胃弱、病中・病後の体力回復、痔疾、脱肛、胃腸機能が減退し、疲労倦怠感のあるもの又は頭痛、悪寒、発汗を伴うもの。
参茸補血丸(さんじょうほけつがん)
参茸補血丸
効能・効果
虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症
瓊玉膏(けいぎょくこう)
瓊玉膏
効能・効果
食欲不振、肉体疲労、虚弱体質、病後の体力低下、胃腸虚弱、血色不良、冷え性、発育期

 

癌で使われる健康食品

健康食品

◆ 菌糸製剤

シベリア霊芝茶
補中丸
「シベリア霊芝茶」は生きた白樺の樹液を吸って成長するキノコであるチャガを使っています。このチャガはシベリアに広がるタイガで冬場に採取されます。ロシアのノーベル賞作家であるソルジェニーツィンの著書《ガン病棟》に記述があります。「シベリア霊芝茶」はこの本場ロシア産のチャガを使用した粉末タイプです。
木鶏丹(もっけいたん)

「木鶏丹」はカワラタケとマンシュウグルミの樹皮のエキスを飲みやすい粒タイプにした食品です。清王朝を樹立した満州族の故地、長白山麓に伝わる伝説を元に、現地の大自然の中で育ったカワラタケとマンシュウグルミを配合した食品です。
カワラタケは、別名『雲芝(うんし)』と呼ばれるキノコです。

◆ その他

白花蛇舌草(びゃっかじゃぜつそう)
参茸補血丸
「白花蛇舌草」はアカネ科植物のフタバムグラを使用しています。白い花と蛇の舌のような形状の葉をもつため、中国では白花蛇舌草といわれています。日本では殆ど利用されなかった植物ですが中国では有用なものとして利用されてきました。「白花蛇舌草」はこの植物を手軽に摂れるようにしたものです。

白ロゴご相談・お問い合わせはこちら

吉祥寺東西薬局 吉祥寺東西薬局

180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-7

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細

調布東西薬局

調布東西薬局

182-0024
東京都調布市布田4-2-42

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細
八王子東西薬局 八王子東西薬局
192-0082
東京都八王子市東町1-6橋完 LKビル7階
お問い合わせ
月・火・木~土 午前9:30~午後7:00
定休日 水・日・祝祭日
店舗詳細