特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と漢方薬

紫斑病タイトル

東西薬局 > 特発性血小板減少性紫斑病(ITP)と漢方薬

白ロゴ特発性血小板減少性紫斑病(ITP)

痣ができやすい、経血量が多い特発性血小板減少性紫斑病(ITP : Idiopathic Thrombocytopenic Purpura) は、血小板膜蛋白に対する自己抗体が発生し、主に脾臓で血小板が壊され、様々な出血症状がおこる自己免疫疾患です。血小板を産生する巨核球の成熟障害や細胞傷害も確認され、血小板産生も抑制されていると考えられています。血小板を減少させる疾患や薬の服用などが考えられない場合に疑われます。日本には罹患者が約2万人おり、年間約3,000人の方が発症されています。20~40歳台の女性や60~80歳の男女に多い疾患です。

◎特発性血小板減少性紫斑病の原因

急性ITPの原因は主にウイルス感染や予防接種が考えられており、数週から数カ月で自然治癒する方が多いと言われています。慢性ITPは原因は不明で、数か月から年単位で徐々に発症し、いつ罹患したか特定できないことが多いです。

◎特発性血小板減少性紫斑病の症状

血小板は出血を止める働きがあるため、主に出血症状がおこります。

  • ・全身に青あざ(点状,紫斑)ができやすい。
  • ・月経が止まりにくくダラダラ長びく。
  • ・月経過多(経血の色が淡く量が多い)。
  • ・不正出血がありなかなか止まらない。
  • ・鼻血が頻繁にでる。
  • ・歯茎から出血しやすい。
  • ・尿が赤っぽくなる(血尿)。
  • ・便に血が混じる、黒い便がでる(血便)。


※ これらの症状はITPでなくても起こる症状で、症状だけでITPと判断することは出来ません。症状だけでITPを特定することは出来ません。

※ 通常では赤血球や白血球には異常が見られないですが、慢性的に出血の症状が続いてしまうと貧血を起こしてしまうことがあります。

白ロゴ漢方で考える特発性血小板減少性紫斑病

◎漢方では『脾不統血』と考える!!

 

脾漢方では、あざができやすいなど、血液が漏れ出るような出血があることを『脾不統血(ひふとうけつ)』と言います。これは五臓六腑の『脾(ひ)』の機能低下によって起こるとされます。
脾とは、主に食事によって摂取した飲食物を消化吸収し、気や血の元になる栄養を得る胃腸の働きを行っている場所ですが、「脾は統血をつかさどる」と言い、血液を統率し、制御する働きも行っています。何らかの原因で脾の機能が失調してしてまうと、食欲低下、消化不良、出血症状(あざ、月経過多、不正出血、鼻血、血尿、血便)などがおこります。

脾の機能失調は、特発性血小板減少性紫斑病など出血症状を起こす病気の一因として考えることができます。

◎漢方での治療は?

漢方では主に脾を強化をすることで出血症状の改善をおこないます。
『補中益気湯(ほちゅうえっきとう)』、『帰脾湯(きひとう)』が主に使われます。どちらの漢方薬も脾に元気を与え、働きを整える漢方薬です。また『芎帰膠艾湯(きゅうきょうがいとう)』などの止血の働きのある漢方薬や『田七人参(でんしちにんじん)』等の健康食品も併用します。

 

※ あざなど出血している場所が多い時や鼻血などの出血量が多い場合には、必ず医師の診察をお受けください。

漢方薬一例

紫斑病、漢方薬

◆ 胃腸(脾)を強化する漢方

補中丸(ほちゅうがん)
補中丸
効能・効果
虚弱体質、貧血症、夏やせ、胃弱、病中・病後の体力回復、痔疾、脱肛、胃腸機能が減退し、疲労倦怠感のあるもの又は頭痛、悪寒、発汗を伴うもの。
健胃顆粒(けんいかりゅう)
健胃顆粒
効能・効果
胃炎、胃腸虚弱、胃痛、腹痛、食欲不振、胃部不快感、腹部膨満感、悪心、下痢
帰脾湯(きひとう)

効能・効果
体力中等度以下で、心身が疲れ、血色が悪いものの次の諸症:
貧血、不眠症、神経症、精神不安

◆ 止血の働きのある漢方

芎帰膠艾湯(きゅうきょうがいとう)
芎帰膠艾湯
効能・効果
体力中等度以下で、冷え症で、出血傾向があり胃腸障害のないものの次の諸症:
痔出血、貧血、月経異常・月経過多・不正出血、皮下出血

お勧めの健康食品

紫斑病に健康食品

◆ 田七人参製剤(健康食品)

田七人参(でんしちにんじん)
別名:三七人参(さんしちにんじん)

 

田七人参の主な特徴は、痔、潰瘍などの出血や炎症を抑え、肝機能を促進し、滞った血液をサラサラにすると言われています。古来中国において、肝機能障害、胃潰瘍、血栓、肥満、痔の出血等に使われております。

白ロゴご相談・お問い合わせはこちら

吉祥寺東西薬局 吉祥寺東西薬局

180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-7

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細
IKOSHI東西鍼灸院
IKOSHI東西鍼灸院&東西漢方院

180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-14
吉祥寺七井ビル1階 F-4

お問い合わせ 
営業日 火~金 午前10:00~午後5:00
店舗詳細
八王子東西薬局 八王子東西薬局
192-0082
東京都八王子市東町1-6橋完 LKビル7階
お問い合わせ
月・火・木~土 午前9:30~午後7:00
定休日 水・日・祝祭日
店舗詳細

調布東西薬局

調布東西薬局

182-0024
東京都調布市布田4-2-42

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細