冷え症(冷え性)と漢方薬

冷え症

東西薬局 > 冷え症(冷え性)と漢方薬

白ロゴ冷え症(冷え性)について

冷え症(または冷え性)は、女性の半数以上が悩むと言われています。男性も冷えを感じていることが多いと言われています。西洋医学的には病気ではなく、治療されることがほとんどありません。東洋医学において冷え症は、万病の元と考えられ、頭痛や腰痛などの痛み、不眠症、自律神経失調、月経不順、不妊症、膀胱炎、肌荒れ、慢性疾患などの原因になるため、治療の対象とされます。

悩む女性◎さまざまな冷えの症状

冷えにも軽度の冷えから重度の冷え、部分的な冷え等、様々な症状があります。

 

  • 手足が冷えるけど、すぐ温まる
  • 手足が冷えて、なかなか温まらない
  • 全身冷えて、なかなか温まらない
  • 入浴して温まっても、すぐ冷える
  • 人一倍、寒がる
  • 夏でも寒がり手足が冷たい
  • 手だけ冷たい
  • 下半身だけ冷える
  • このように冷えの症状は、無数にあります。

白ロゴ冷え症の原因

◎服装(締め付けや薄着)

寒いと言いながらファッションで薄着をしている方が結構います。過度な薄着は身体が冷える原因です。また身体を締め付ける衣類も血流を悪くされてしまうため、冷えの原因になります。

◎運動不足

運動不足の方は、血行不良のため冷え症になりがちです。また筋力が少ないと代謝が低下して寒がるようになります。ふくらはぎは『第2の心臓』と言われ、下半身の血流のポンプ機能をしています。ふくらはぎの筋力のない方は、下半身の冷えやむくみの原因になります。

◎冷飲食

極端に冷たい物を食べたり飲んだり、継続的に冷飲食していると胃腸から身体を冷やしてしまいます。内臓温度(身体の内側の体温)は37.2℃~38.0℃くらいが適温で、働くのに最適と言われています。胃腸が冷えると下痢や便秘をするだけでなく、胃腸の消化吸収の働きが低下して栄養状態が悪くなり、冷えの原因となります。

◎夜更かし

夜更かしすると、血行不良になり冷えの原因になります。肝臓は、日中よりも夜中に活発に働いて血液をキレイにしています。夜中に起きていると血液の浄化が不十分になり、血流が悪くなります。

◎過度な冷房

冷房が過度に効いた室内に長くいると、自律神経の体温調節機能を徐々に低下してしまい、冷え症になります。冷房を使うときは、設定温度27℃~28℃を目安に、熱中症にならないように外気温によって調節しましょう。

 

白ロゴ漢方で考える冷え症

漢方では、冷え症を血液不足タイプ、血行不良タイプ、元気不足タイプ、温める力が弱い(陽虚)タイプで考えます。

◎血虚(けっきょ:血液不足)の冷え症と漢方

血虚女性血液が不足しているタイプです。女性に最も多いのがこのタイプの冷え症です。栄養を届ける血液の不足により、手足など末端が冷えやすく、ふらつきや不眠がち、月経の出血が少ないなどの特徴があります。

 

血虚の詳細はこちら

 

お勧めの漢方薬

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

 

◎瘀血(おけつ:血行不良)の冷え症と漢方

瘀血女性血流が悪いタイプです。血流が悪いタイプの方は、男女問わず多いです。血流が悪いため、手足など末端に血液が届きにくいために冷えます。痺れや痛みを伴うことも。運動不足の方が多く、下半身が冷える方も多いです。首・肩の凝りがひどい、女性では月経痛などの症状があります。

 

瘀血の詳細はこちら

 

お勧めの漢方薬

冠元顆粒(かんげんかりゅう)

 

◎気虚(ききょ:元気不足)の冷え症と漢方

気虚女性元気不足のタイプです。全身が冷えを感じる方が多いです。胃腸が弱い方が多いため、栄養不足により冷えます。食が細い、疲れやすい、声に力がないなどの特徴があります。

 

気虚の詳細はこちら

 

お勧めの漢方薬

霊黄参(れいおうさん)

 

◎陽虚(ようきょ:温める力不足)の冷え症と漢方

陽虚女性身体を温める機能が低下してしまったタイプです。夏でも寒がったり、入浴後でもすぐに冷えてしまうなど、重度の冷え症です。疾患の原因になったり、疾患が原因で陽虚になったりします。血色が悪い、トイレが近いなどの特徴がります。

 

陽虚の詳細はこちら

 

お勧めの漢方薬

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

 

冷え症に使われる漢方薬

冷え症に使われる漢方

◆ 血を補う漢方

婦宝当帰膠B(ふほうとうきこう)

婦宝当帰膠B
効能・効果
頭痛、肩こり、のぼせ、めまい、耳鳴り、貧血、腰痛、腹痛、冷え性、生理不順、生理痛

当芍散(とうしゃくさん)
当芍散
効能・効果
比較的体力に乏しく、冷え症又は貧血性傾向があるもの:月経不順、月経異常、月経痛、更年期神経症、産前産後あるいは流産による障害時(貧血、疲労倦怠、めまい、耳鳴り、ヒステリー、浮腫、回復促進など)、月経時浮腫、つわり、帯下、各種婦人科系疾患の補助療法、脚気、腺病体質、冷え症、腰痛、坐骨神経痛
心脾顆粒(しんぴかりゅう)
心脾顆粒
効能・効果
貧血、不眠、健忘

◆ 血の流れを整える漢方

冠元顆粒(かんげんかりゅう)
冠元顆粒
効能・効果
頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸
芎帰調血飲第一加減
(きゅうきちょうけついんだいいちかげん)
芎帰調血飲第一加減
効能・効果
血の道症、産後の体力低下、月経不順

◆ 気を補う漢方

霊黄参(れいおうさん)
霊黄参
効能・効果
次の場合の滋養強壮:虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症
補中丸(ほちゅうがん)
補中丸
効能・効果
虚弱体質、貧血症、夏やせ、胃弱、病中・病後の体力回復、痔疾、脱肛、胃腸機能が減退し、疲労倦怠感のあるもの又は頭痛、悪寒、発汗を伴うもの。
健脾散エキス顆粒
(けんぴさんえきすかりゅう)
健脾散
効能・効果
食欲不振、慢性下痢、病後の体力低下、疲労倦怠、消化不良、慢性胃腸炎

◆ 温める力をつける漢方

参茸補血丸(さんじょうほけつがん)

参茸補血丸
効能・効果
虚弱体質、肉体疲労、病後の体力低下、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症

参馬補腎丸(じんばほじんがん)
参馬補腎丸
効能・効果
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食不振、血色不良、冷え症
複方霊黄参丸
(ふくほうれいおうさんがん)
複方霊黄参丸
次の場合の滋養強壮:
虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振、血色不良、冷え症、発育期
お勧めのお茶

冷え症にお勧め

◆ 身体ポカポカのお茶

暖和茶(だんわちゃ)

暖和茶
桂皮、乾姜、紅花でとても香りがよく、一杯飲めば体の芯からじんわりぽっかぽかになります。黄精、柿の葉、なつめで元気をつけ、冬の寒さや夏のエアコンに負けないようサポート、ノンカフェインなので夜でも安心してお飲みいただけます

◆ 寒い季節のレシピ

ホットワイン

寒い季節にはホットワインがお勧め。

白ロゴ体質チェック

8つの質問の中で自分に当てはまるもの全てにチェックして下さい。
チェックの一番多かったタイプがあなたの体質です。
※ 一人一人が複数のタイプをあわせ持つこともあります。
(例えばタイプAが4、タイプBが4、タイプCが1だった場合は、AとBのタイプを合わせ持っていることになります。

1.顔色は?
2.顔の様子は?
3.生理の色と量
4.生理周期
5.生理痛
6.ウンチは?
7.生活、行動は?
8.好きな食べ物は?

スコアが一番大きいタイプの顔を
クリックして下さい。

タイプA
血が滞っている
瘀血タイプ
瘀血顔
タイプB
血が足りない
血虚タイプ
血虚顔
タイプC
気が足りない
気虚タイプ
気虚顔
タイプD
冷えが強い
陽虚タイプ
陽虚顔

白ロゴご相談・お問い合わせはこちら

吉祥寺東西薬局 吉祥寺東西薬局

180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-7

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細
IKOSHI東西鍼灸院
IKOSHI東西鍼灸院&東西漢方院

180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-14
吉祥寺七井ビル1階 F-4

お問い合わせ 
営業日 火~金 午前10:00~午後5:00
店舗詳細
八王子東西薬局 八王子東西薬局
192-0082
東京都八王子市東町1-6橋完 LKビル7階
お問い合わせ
月・火・木~土 午前9:30~午後7:00
定休日 水・日・祝祭日
店舗詳細

調布東西薬局

調布東西薬局

182-0024
東京都調布市布田4-2-42

お問い合わせ
月~土 午前9:30~午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細