腎虚のための漢方薬

東西薬局 > 腎虚のための漢方薬

白ロゴ生命の源『腎(じん)』

「腎」は、現代医学でいう腎臓の機能にとどまらず、広く生殖器系、ホルモン系、中枢神経系、免疫系、造血系などの機能も併せ持った、生命の源と考えられています。

腎は精を貯蔵する

腎「精」とは、生命を維持するエネルギーの事です。精には親から受け継いだ「先天の精」と、飲食物から得た「後天の精」がありますが、どちらも、究極は腎に貯えられて、成長発育と生殖の源となります。骨、歯、毛髪および全身の成長・発育といった新陳代謝の促進。女性の排卵、月経、男性の精子を作る能力といった生殖の機能。これらは全て、腎が貯蔵している精の働きによるものとされています。この機能が衰えると、老化が早く進み、不妊・インポテンスなどの生殖機能の低下、骨の粗鬆化(もろくなる)、また、糖尿病、アレルギー性疾患、高脂血症など、ホルモンや代謝の失調が原因となって起こる病気になりやすくなります。

◎特徴

精力減退、不妊、閉経、ED(インポテンツ)、足腰がだるい、健忘、耳鳴り、難聴、尿の出が悪い、尿が近い、残尿感、午後に微熱が出やすい、脱毛や白髪が年齢不相応に多い、糖尿病などといった症状が見られます。

白ロゴ腎虚のタイプ

タイプ 症状 漢方薬または健康食品
ショボショボ型 目の疲れ・目の乾燥・視力低下 杞菊地黄丸
(こぎくじおうがん)
カサカサ型 口やのどの渇き、疲労倦怠感
腰や脚の痛み、夜間多尿
八仙丸
(はっせんがん)
クヨクヨ型 不眠・動悸・不安感 天王補心丹
(てんのうほしんたん)
のぼせ型 顔手足がいつも火照っている 瀉火補腎丸
(しゃかほじんがん)
芯の冷え型 体の芯が冷えている感じ・常に厚着 金匱腎気丸
(きんきじんきがん)

腎虚に使う漢方薬

腎虚に使われる漢方薬

◆ 腎を強化する漢方

中薬 杞菊地黄丸
(ちゅうやく こぎくじおうがん)
中薬杞菊地黄丸
効能・効果
疲れやすくて、顔・手足がほてり、尿量減少又は多尿で、ときに口渇があるものの次の諸症:疲れ目、かすみ目、のぼせ、めまい、頭重、排尿困難、頻尿、むくみ
八仙丸(はっせんがん)
八仙丸
効能・効果
疲労倦怠感、口やのどの渇き、腰や脚の痛み、夜間多尿
天王補心丹
(てんのうほうしんたん)
天王補心丹
効能・効果
体質虚弱な人の下記の諸症:不眠、不安感、肩こり、息切れ、動悸、口渇、便秘
瀉火補腎丸
(しゃかほじんがん)
瀉火補腎丸
効能・効果
体力中等度以下で、疲れやすく胃腸障害がなく、口渇があるものの次の諸症:顔や四肢のほてり、排尿困難、頻尿、むくみ
金匱腎気丸
(きんきじんきがん)
金匱腎気丸
効能・効果
疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少または多尿でときに口渇のある次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、老人のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ

白ロゴご相談・お問い合わせはこちら

吉祥寺東西薬局 吉祥寺東西薬局

180-0003
東京都武蔵野市吉祥寺南町2-6-7

お問い合わせ
0422-47-9646
月〜土 午前9:30〜午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細
IKOSHI東西鍼灸院 IKOSHI東西鍼灸院

180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-14
吉祥寺七井ビル1階 F-4

お問い合わせ 
0422-29-1082
月・火・木~土 
10:00~13:00 / 15:00~18:00
(最終受付 17:00)
定休日 水・日・祝祭日
店舗詳細
東西漢方院 東西漢方院

180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町1-35-14
吉祥寺七井ビル1階 F-4

お問い合わせ 
0422-29-1082
月・火・木~土 
10:00~13:00 / 15:00~18:00
(最終受付 17:00)
定休日 水・日・祝祭日
店舗詳細
八王子東西薬局 八王子東西薬局
192-0082
東京都八王子市東町1-6橋完 LKビル7階
お問い合わせ
042-656-4189
月・火・木〜土 午前9:30〜午後7:00
定休日 水・日・祝祭日
店舗詳細

調布東西薬局

調布東西薬局

182-0024
東京都調布市布田4-2-42

お問い合わせ
042-483-3963
月〜土 午前9:30〜午後7:00
定休日 日・祝祭日
店舗詳細